FC2ブログ

生活費にいくら使えるか?



家計管理の第1歩--その3
の続きです。

基本的には、仕事をして毎月収入のある間は、
なるべく資産には手を付けず、月収の範囲内で
生活をしようと思っています。

「お金が足りなくなったから、貯金を下ろす」
ということは、避けたいと考えています。

また、この年齢になったら、あまり節約・節約して、
「貯金通帳の数字が増えるのだけが楽しみ」
という生活も、したくありません。

そこで、お金の勉強を始めてしばらくしてから、
毎月の収入の中で、必要な金額を差し引いて、
「残りは自由に使っていい」ということに決めました。

必要な金額には
・保険料 月額約50,000円
・固定資産税などの税金 約25,000円
・車検・自動車保険(月割り金額) 約10,000円
・旅行積立 100,000円
 --旅行資金やタイムシェア管理料はここから出すようにしています。
・マンション管理費・修繕費 約30,000円

が含まれます。

これらを差し引いた残りの約20万円を
月に一度封筒に入れて、
毎月の生活費として使っています。

光熱費や通信費は、毎月金額が変更するので、
その金額がわかった時点で、
別の袋に入れるようにしています。

「今月は光熱費が安かったらから、○○を買おう」
とか、
「今月は通信費が高かったから、節約しよう」
と考えます。

だからこそ、通信費を毎月6000円減らすのは、
私にとって、お小遣いが6000円増えるのと同じなので、
ぜひともやりたかったことなのです。

現在投資への追加は、

・NISA口座へ毎月10万円
・個人型確定拠出年金は 月額23,000円
・普通口座 月額17万円

していますが、これは投資用資金として保有している
個別株やFX売却の利益から行っており、
毎月の給料からは出していません。

毎月の給料から出しているのは、
将来個人年金として受け取る予定の、
保険料5万円のみです。

関連記事

私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
スポンサードリンク
プロフィール

昭和型投資脱却

Author:昭和型投資脱却
1984年から投資を始めました。
これまでは【個別株】や勧められるままの【投資信託】という【昭和型】の投資でした。
老後がそこに見えてきた今、リスク軽減のために、投資の勉強をして、分散投資・インデックス投資に移行です。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR