FC2ブログ

ちょっと恥ずかしい自己紹介



このブログのアクセス解析を見てみると、
リンク先アクセスの1位が、
自己紹介になっていました。

プロフィールに

【個別株】や
勧められるままの【投資信託】という
【昭和型】の投資から
分散投資・インデックス投資に移行


と書いている割には、
何から何に移行したのか、
わかりづらいですよね。

一日のブログ読者0~2人(自分も含む)と、
ほとんど誰からも読まれていなかった今年の3月に、
日経ヴェリタスから電話取材を受けたのも
担当の方が『昭和型投資からの脱皮』という言い方が
面白いということでした。

ですから、ちょっと恥ずかしいのですが、
当時どれくらい昭和型の投資をしていたか
移行前の銘柄を列記して、自己紹介にカテゴライズ
しておきます。

「信託報酬や申込手数料にどれだけ払ったんだ!」
という銘柄一覧になっています。

また、担当者に勧められるままがもろにわかる
同じ銘柄を複数の証券会社で購入したりしています。

第一、いくら勧められるままと言っても、
「こんなに取引証券会社の数を増やさなくてもいいだろう!」
と自分で突っ込んでみたくなります。

現在はメインのマネックス証券

少し残っているFXはインヴァスト証券

個人国債は、現金プレゼントに魅かれて、
大和証券

と、証券会社を絞ったので、
ずいぶん管理がしやすくなりました。


移行後の銘柄は毎月一度
アセットアロケーションというカテゴリーに
記載しています。

マネックス証券
(個別株)
宇部興産
日本オラクル
キヤノン電子
東京エレクトロン
三菱商事
リンガーハット
野村
住友販売
東京電力
ソフトバンク

(投資信託)
資産設計ファンド育成型
カブロボファンド
日経平均225投信
東京エレクトロン
短期豪ドル債



地方銀行
(投資信託)
三菱UFJ国内バランス
DIAM高格付インカムオープン(分配金受取)
DIAM高格付インカムオープン(分配金再投資)
SG世界好配当株式ファンド


大和証券
(投資信託)
ダイワ世界債券ファンド
世界新興国株ファンド
ダイワ世界リート
グローバル債券ファンド
短期豪ドル債
アジア好配当株ファンド


三菱UFJモルガンスタンレー証券
(個別株)
サニックス
ソニー
T&Dホールディングス

(投資信託)
アライアンス・バーンスタイン・ハイ・イールド・オープン
三菱UFJグローバルイノベーション ニュートン
野村の公社債投信


岡三証券
英ポンドMMF


みずほ証券
(個別株)
キリンホールディングス
味の素
三菱ケミカルホールディングス
第一三共
神戸製鋼所
日立製作所
パナソニック
JMS
キヤノン
フランスベッドホールディングス
東京エレクトロン
野村ホールディングス
日本リテールファンド投資法人
ヤマトホールディングス
日本電信電話
KDDI
東京電力
関西電力
九州電力


(投資信託)
インデックスM225
DIAM高格付インカムオープン(分配金受取)
ニューサウス・ウェールズ財務公社
インデックスマネジメント225コース
パトナム・インカム・ファンド


セントラル短資
(FX)
ニュージーランドドル
オーストラリアドル

インヴァスト証券
(FX)
ニュージーランドドル

これじゃあ、管理しきれなかったはずだわ!!


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

投資信託を保有しているだけで……



昨日書いた貸株サービスに加えて、
マネックス証券で私が気に入っているサービスは、
投資信託を保有しているだけで、
毎月ポイントがもらえるというものです。

購入時の申込手数料にも、もちろんポイントが付きます。
申込手数料の1.5%分です。

投資の勉強を始めてからは、
申込手数料の必要な投資信託は購入していませんから、
残念ながら(?)、こちらは私には縁がありません。

投資信託を保有しているだけで毎月もらえるポイントは、
月中平均残高の0.08%分の1/12です。

残念ながら、
・ MRF、MMF
・ ニッセイ日経225インデックスファンド
・ eMAXISシリーズ
は、ポイント対象外です


マネックスで保有していて対象となる投資信託は、
約3,500万円ほどなので、
毎月
35,000,000円×0.08%÷12≒2,333円
分のポイントをもらっています。

このポイントは、株式手数料に充当することもできますし、
nanakoポイントやT-pointやWAONポイントに交換したり、
マイルに交換することもできます。


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

株は貸し出すに限る



現在メインとして使っているマネックス証券

手数料の安さに魅かれて、
オンライン証券に口座を作りましたが、
手数料以外にも私にとって魅力的な
サービスがあります。

ひとつは貸株サービス
自分で所有している株を貸し出すことで、
毎月金利がもらえます。

通常銘柄は0.1%の金利ですが、
ボーナス金利銘柄は0.5%と、
いまどきにしては、中々素敵な利率です。

最下位(>_<)という記事で書いた、
NEXTFUNDSJPX日経インデックス400連動型

JPX日経400のETFの中で信託報酬が安い順に並べると
最下位になってしまいますが、
ボーナス金利銘柄であることを発見し、
ちょっとうれしくなりました)^o^(

株を貸しているからと言って、別に何の不便もありません。

なぜなら、
株主優待・配当金自動取得サービス
という、これまた便利なサービスがあるからです。

最初に一度だけこの申し込みをしておけば、
権利確定日に自動的に「一旦貸株から外す処理」
やってくれるからです。

また、貸し出している最中も通常と同様に
売却することができ、貸し株から外す必要は
ありません。

ですから通常は「貸株」しているということを
忘れているくらいなのですが、
月に一度貸株料が振り込まれていて、
改めて「株を貸し出してたんだ!」って
思い出す感じです。


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

月例アセットアロケーション



毎月17日現在のアセットアロケーションです。

まずは総額

150518.jpg


前月比
+211,761円
+0.25%ですから、あまり変化なしというところです。


アセットアロケーションは

150518-2.jpg


目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 9%
その他  1%

です。

「その他」が先月の1.43%→0.98%になっているのは、
サテライト投資である、
原油ETFを一部売却したからです。

平均取得単価 594円
保有数 1200口
だった野村原油
2015/04/30 300口売却単価686円
2015/05/13 100口売却単価723円
でした。

売却したお金は「投資用資金」として、
アロケーションには含んでいません。


投資対象は以下の通りです。

【日本債券】
DLIBJ公社債オープン 中期
MHAM物価連動国債ファンド
個人国債10年

【日本株式】
JPX日経インデックス400-積立中
NEXT FUNDS JPX日経400(ETF)
上場インデックスファンドTOPIX

【先進国】
SMTグローバル株式
ニッセイ外国株式インデックス-積立中
ニッセイ外国債券インデックス
資源国ソブリンオープンの先進国部分(NISA)
iShs iBoxx $ Inv Gd Cor Bd ETF(LQD)
iShs US Pfd Stk ETF(PFF)
Vanguard Div Appreciate ETF(VIG)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の先進国部分
EXE-i 先進国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中


【新興国】
DIAMアジア消費&インフラ関連株式
eMAXIS 新興国株式-積立中
SMT新興国株式(NISA)-積立中
HSBCブラジル債券 毎月決算(NISA)
資源国ソブリンオープンの新興国部分(NISA)
Vanguard Total World Stock ETF(VT)の新興国部分
EXE-i 新興国株式ファンド(確定拠出年金)-積立中

【リート】
eMAXIS 先進国リート-積立中
eMAXIS 新興国リート-積立中
SMT グローバルリート
SMT新興国リート(NISA)-積立中
SPDR DJ Wilshire REIT(RWR)
SPDR DJ Wilshire Intl Real Est(RWX)

【その他】
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型ETF

個別株がまだ7銘柄残っていますが、
こちらもタイミングを見計らって、
上場インデックスファンドTOPIX(1308)
に移行する予定です。
 --と先月も書きましたが、残ったままです。
    タイミングって、どう計るんだぁ?



私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

最下位(>_<)



配当金の支払い、はやっ!で、
投資信託の配当金支払いが早いことに
びっくりしていましたが、ETFも同様に
早いんですねぇ……!

何しろETFをデビューが昨年の10月だったので、
むしろ、ETFでも配当金の支払いがあること自体
意識していませんでした。
--相変わらずのポンコツぶりです。

で、今回いただいたのは、
NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信
の配当金。

JPX日経400とは、昨年(2014年)の1月に公表が始まった株価指数で、
投資家に魅力の高い銘柄400社
の平均株価を指数化したものだそうです。

・上場後3年以上
・過去3期いずれも債務超過していない
・過去3期に赤字を出していない
などなどの条件をクリアした会社を

・3年累積の営業利益
・時価総額
などなどの要素でスコアリングして、
上位400社を集めたものです。

このETFの決算日は4月7日と10月7日です。
今回は5月15日に入金されていましたので、
決算から1か月ちょっとで、支払われていました。

今期は1口当たりの収益分配金が111円
50口所有していますので、分配金額は
5,550円
150517.jpg

税金が引かれて
4,424円振り込まれていました。

このETFを購入したのは、投資の勉強を始めたばかりだったので、
あまり考えずに買ってしまいましたが、
今だったら愛用している
投信総合検索ライブラリーを使って、
同じ指数を使っているETFを比較して買うんだけどなぁ……。

因みに、「400」 「ETF」 で検索して、
信託報酬の安い順に並べてみたら……

150517-2.jpg

このETF最下位でしたorz


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

100万円の札束を家に置くのはやめました



生活防衛資金ってどこに置いてます?

去年の9月に投資の勉強を始める前は、
あまり意識したこともなく、
「とりあえず、こんだけあれば何とかなるだろう…」
と、100万円の束を1個、家に保管していました。

もう、投資の勉強以前の問題ですよね。
危機管理ゼロ(-_-)
盗難や火災にあったら、どうするんだ!
っていう話で。


で今は、ATM使用料や振込み手数料を支払うのは、
ぜーーったいにイヤなので、

みずほ銀行に50万円以上だと、
 ・コンビニATMの手数料が月4回まで0円
 ・他行宛振込み手数料が月1回0円

新生銀行に100万円以上だと、
 ・コンビニATMの手数料がいつでも0円
 ・他行宛振込み手数料が月5回無料

大和ネクスト銀行(大和証券のツインアカウント)
 ・他行宛本人名義口座宛振込み手数料がいつでも0円
 ・他行宛他人名義口座宛振込み手数料が月3回無料

をフルに活用して、

自分名義であれば、どの口座でも資金移動はいつでもタダ
他人宛の振り込みは月9件までタダ

ということで、振込み手数料は0円に抑えています。


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

配当金の支払い、はやっ!



昨日に続いて、投資信託で知らなかったこと-その2です。

個別株の場合は、例えば3月末決算でも、
実際に配当金が支払われるのは、大体6月になります。

ところが投資信託は決算後、
すぐに配当金をもらえるんですね!

私が持っている投資信託のうち

・SMT グローバルREITインデックス
・SMTグローバル株式インデックス
・SMT新興国株式

が、5月10日決算でした。

このうち、
・SMT グローバルREITインデックス
・SMT新興国株式
は、配当金0円

・SMTグローバル株式インデックス
は、配当金20円でした。

150513SMT.jpg


SMTグローバル株式インデックスは、
現在は保有しているだけで追加購入はしていません。
配当分を再投資しているだけです。
150513-2SMT.jpg


信託報酬 0.54%
信託財産留保(解約時に支払うもの) 0.05%

より、コストの安いものがあるからです。

ニッセイ外国株式インデックスファンド
信託報酬 0.4212%
信託財産留保 0%

2013年12月10日に設定されたので、まだ若い投資信託ですが、
投信ブロガーが選ぶ
Fund of the Year 2014

で、堂々の第1位に選ばれました。


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

お金が必要なときは、余裕をもって!



投資歴は30年を超えるのに、
未だに投資信託の買い注文を出したら、
いつの日付で買値が決まるのか、
わかりませ~~ん。

個別株の場合は、売るときも買うときも、
価格がすぐにわかるのに、
投資信託の場合は、
「何だかいつの間にか、それなりの価格で決まってるなぁ…」
という、ゆる~い感じ。

そんなわけで、この疑問を自分で解決してみることにしました。

まずは、毎月5日に購入している5つの銘柄の取引明細書を見てみます。

見づらくてすみません。クリックして拡大してください。
150511emax先進国リート
150511nissei.jpg
150511emax新興国リート
150511emax新興国株式
150511nissei.jpg

これをまとめてみると、
150513.jpg
となります。

5月5日と6日が祝日だったため、
約定日は全て5月7日。

一番肝心の買付価格が決まった日付は、
SMT JPX日経インデックス400だけ当日、
それ以外は翌日の価格になっていました。

国内と国外で違うのかしら……?

受渡し日は、株式の場合は
「約定日から起算して4営業日目」ですが、
投資信託の場合は、そうとは限らないようです。

SMT JPX日経インデックス400だけは、4営業日目ですが、
長いものでは6営業日目のものもあります。

これは、解約時に気を付けなければいけませんね。
4営業日目に現金が下せると思って、
お金が必要になるギリギリに解約したら、
あわてることになりそうです。





私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

相続税対策だけじゃない保険



生活費にいくら使えるか
という記事に、

・保険料 月額約50,000円

と書きました。

おひとり様なのに、月額50,000円もの保険料?
という気もしますが、
一つは保険の代理店をしていた親戚に勧められ、
平成4年に契約した個人年金保険です。

毎月の掛け金は15,293円で、
65歳から10年間、毎年80万円もらえます。

その他入院特約5,000円
とか
女性疾病特約5,000円
とかの特約が付いています。

平成4年から平成35年までの
31年間かけ続けることになり、
支払総額は
5,688,996円
です。


もう一つは
無配当低解約返戻金型定期保険
というもので、
毎月の掛け金は34,805円です。

相続税対策になるからとうことで、
保険の外交員をしている友達から勧められました。


生命保険契約の場合、500万円×法定相続人の分
相続税対象資産から控除されます。

私は子供が二人ですので、500万円×2人=1,000万円
が控除可能なのだそうです。

ですからこの保険では、私が死亡したとき、
子どもたちそれぞれに保険金が500万円支払われ、
この分は相続税の対象になりません。

但しこの保険は契約開始後15年以内に解約すると、
激しく元本割れします。

例えば、これまで168万円の保険料を払っていますが、
今解約すると、わずか77万円しか返ってきません。

それ以降は、もし私の生活費が足りなくなった場合、
解約しても元本割れすることはありません。

保険料累計額は
627万円
ですが、例えば75歳で解約すると
733万円
もらえます。


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

個人型確定拠出年金--考えることが多い!



月収3万8千円の研修医と共にEXE-iを学ぶ
EXE-i 先進国株式ファンド
EXE-i 新興国株式ファンド

に続き、個人型確定拠出年金の話です。

個人型確定拠出年金は基本的に60歳まで
おろせません。

何しろ年金ですから!

でも60歳で受給開始するには、加入期間が10年以上必要です。

私は昨年9月に投資の勉強を始めて、
個人型確定拠出年金の優位性に
やっと気づいたのが昨年末です。

で、加入対象者は60歳未満ですから、
4年弱しか加入できません。

じゃあ、加入期間が10年に満たない人は、
いつから受給できるかというと、

加入期間8年以上 61歳以上
加入期間6年以上 62歳以上
加入期間4年以上 63歳以上
加入期間2年以上 64歳以上
加入期間1か月以上 65歳以上

だそうです。

となると、私の受給開始は64歳以上となります。

また、70歳に到達するまでに受給開始しなければいけません。

ですから、

現在~59歳11か月 
 →毎月23,000円ずつ投資する

60歳~63歳11か月 
 →積み立てたファンドの成り行きを見守る(預け替え可能)

64歳~69歳11か月 
 →いつ受給開始するか決める

となります。

また、受取方法も
・5年以上20年以下で支給期間で年金として受け取る
・一時金として受け取る
という方法があります。

もともと、個人型確定拠出年金は、

・掛け金が全額所得控除になる
・運用益に対し非課税

と税金面でとってもお得なものですが、
受け取るときは税金がかかるのだそうです。


となると、、個人型確定拠出年金って、

・投資対象を何にするか?
・受給開始をいつにするか?
・受給方法をどうするか?

など等、個人で決めなくちゃいけないことが多いわぁ。








私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事
カテゴリ
スポンサードリンク
プロフィール

昭和型投資脱却

Author:昭和型投資脱却
1984年から投資を始めました。
これまでは【個別株】や勧められるままの【投資信託】という【昭和型】の投資でした。
老後がそこに見えてきた今、リスク軽減のために、投資の勉強をして、分散投資・インデックス投資に移行です。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR