FC2ブログ

東京地方裁判所から手紙が!!!



郵便受けを確認したら、東京地方裁判所からの手紙が来ていました。
150121封筒
「なんだ?なんだ?東京地方裁判所 民事第20部って?」

急に胸がドキドキして、思わず部屋に帰る途中のエレベーターの中で封筒を破ってしまいました。

普通はちゃんとハサミで開封するんだけど、封筒の破り方に焦りが見えるでしょ?


開封してみると、「破産手続開始通知書」という通知が……
150121破産手続き開始

「エッ?エッ?エッ?」

次のページを見ると
「債権者集会上のご案内」という文字が
150121債権者集会場

ここでやっと、自分が加害者になっていたり、事件に巻き込まれたわけではなさそうだと、一安心しました。

少し心に余裕が出てきたところで、ゆっくりと文面に目を通すと、出資していた会社が破産手続きを開始したそうです。

そういえば、東日本大震災で大きな被害を受けた事業者の事業再建に投資したことを思い出しました。

出資金のうち、半分が寄付、半分が投資となります。

大震災にもめげずに、せっかく事業再建したのに、倒産してしまうなんて、どれだけ悔しいことでしょう……。

胸のつぶれる思いです。
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

金融資産1億円でも、1億円は使えないんだ!



そろそろ各証券会社から「年間取引報告書」が届くようになりました。

早く証券会社を一つにまとめ、すべて特定口座で取引して、確定申告が不要になることを夢見ています。

確定申告の面倒さもあって、FXからは撤退したのですが、撤退したFX会社の2014年 年次報告書が届きました。

期間損益合計が2,605,080円ということですから、税率20.315%をかけると
529,222円!!!(泣)


考えてみると、仮に資産1億円だとしても、
そのうち利益が5000万円だったら、税金分1000万円以上が税金となるわけですから、
実質的には資産は8984万2500円
でしかない、ということになりますね。

将来の資産取り崩し生活になる場合は、これも考慮しておかないと!
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

月例アセットアロケーション



毎月17日恒例のポートフォリオです。

2014年9月17日現在(ブログ開始時)
2014年12月17日現在


まずは総額
150118MF.jpg

Money Forwardでは83,844,802円となっていますが、大和証券で売却した
ダイワ世界債券ファンド(年2回決算型)(愛称:ワールドプライム)
約定日が1月14日
受渡日が1月19日
「受渡前清算金額」1,023,220円が入っていないようです。

重宝しているMoney Forwardですが、大和証券のオンライントレードサイトとはあまり相性がよくないようで、以前も個人国債を購入するため資金を預けたら、実際の国債預入日まで二重に資金がカウントされていて、「急に資産が増えたか?」と勘違いしたことがあります。
150118大和証券

そういうわけで、実際の総額は
83,844,802円+1,023,220円=84,868,022円

このブログを始めた3か月前との比較は、
+3.38%
+2,776,022円

前月比は
+156,523円
-0.18%

という数字になります。

アセットアロケーションは
150118アセットアロケーション

目標は

日本債券 35%
先進国 30%
日本株式 15%
リート 10%
新興国 9%
その他  1%

ですから、リバランスまでもう一息です。
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

原油ETFを買い増し



スイスショックで、相場は下げていますねぇ……。

インデックス投資だけでは「買いたい」という欲求を抑えきれないので、
投資資産の1%だけはサテライト投資ということで、
好きなものを買っています。

昔から、この「好きなもの」に服やバッグが入らず、
株の銘柄やFXだったりするところに女子力の低さが表れています(爆)


先日より購入し始めた原油ETF
さらに下げ続けていますので、泣きながら買い増ししています。

でも昔のように、いっぺんに買い付けたりすることはしません。
いくらポンコツでも、少しは学びます。

2015/1/6 660円×20口=13,232円
2015/1/6 655円×180口=117,900円
2015/1/7 624円×160口=99,840円
2015/1/13 588円×140口=92,374円
2015/1/16 583円×100口=58,332円
↑ いずれも手数料差し引いています。

現在のところ 平均取得単価620円で600口。この後も下がるようであれば、1000口までは買い増ししようと思っています。



私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

投資信託乗換記録



これまでの乗換記録は

日本株ロボット→SMT JPX日経インデックス400
・ダイワ世界債券(毎月分配)→ダイワ世界債券(年2回分配)
ダイワ/モルガン・スタンレー世界新興国株ファンド→eMAXIS新興国株
・DIAM高格付インカム→SMT GREITインデックス
・パトナムインカム→ニッセイ外国株式、eMAXIS先進国リート
・短期豪ドル→ニッセイ外国債券、ニッセイ外国株式、SMTグローバル株式
・ダイワ世界リート→SMTグローバルリート
・ダイワグローバル債券(年2回分配)→ニッセイ外国株式
・アジア好配当株→eMAXIS新興国
・DIAM高格付インカム→ニッセイ外国株式
・マネックス資産設計→JPX日経インデックス400、ニッセイ外国株式
・ダイワ世界債券(年2回分配)→SMTグローバルリート

というところです。

DIAM高格付インカムに関しては、投資口数が1000万口以上あったので、50万口程度に分けて乗り換えており、未だ乗換最中ですが、今月中には終わらせたいと思っています。

これでほぼ高コスト投資信託から低コスト投資信託への乗換は完了です。

次にアセットアロケーションのリバランスです。一応、リバランスを意識して乗り換えてきたのですが……。

アセットアロケーションで「海外債券をどう扱うか?」で悩んできましたが……、結局考えないことにしました(爆)。

為替の変動によるリスクは株式と変わらないし、リスクは多少低くなるけど、リターンも低くなるからです。というか、「色々と考えるのが面倒になった」というのが大きな理由です(相変わらずのポンコツぶりです)。

そういったわけで、目標のアセットアロケーションは

日本債券 35%
日本株式 15%
先進国 30%
新興国 9%
リート 10%
その他  1%

です。

私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

資産の取り崩し方?



投資に関する書物やブログを読むと、様々な情報が書いてあって、とても役に立ちます。

特に
・複利の効用
・分散投資
・ドルコスト平均法
は、投資の勉強を始めたばかりのころは目から鱗でした。

20代、30代の場合はそれらの情報で十分なのだけれど、今度は60代、70代になって年金で足りない分、資産を取り崩して生活していくことになるのだけれど、その有効な方法に関する情報があまりないような気がします。

投資の場合と同様にドルコスト平均法を使って、例えば
毎月10万円分ファンドを解約していくと、
基準価額が10,000円の時は、10口の解約
基準価額が5,000円の時は、20口の解約
になってしまうけど、これでいいのかしら?

それとも、1年に1度のリバランスの時に、
目標のアセットアロケーションに満たないものに追加投資するのと反対に、
目標のアセットアロケーションより多いものを解約した方がいいのかしら?

色々ややこしそうだなぁ……。
だから毎月分配型が人気なのかぁ!
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

ちょっと淋しい……



個別株を保有していると楽しみなのが、
・株主優待
・配当金
・決算報告書
ですよね!

140108配当

140108決算



とはいっても、投資の勉強を始める前は「決算報告書」なんてほとんど読まなかったけど(爆)。

株主優待券使って、
とんかつ食べに行ったり
ディズニーランドに行ったり

インデックス投資になると、それがないのがちょっと淋しいですね。

まだすこーしだけ残っている個別株。

どうしようかなぁ……?
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

一年に4度美味しい米国株



昨年の10月にマイブームだった米国ETF

一部毎月配当金が出るタイプもありますが、1年に4回配当が出るものがほとんどのようです。

というわけで、12月の終わりから1月の初めにかけて、保有ETFの配当金をいただきました。

投信ブロガーに大人気の[VT]バンガード・トータル・ワールド・ストック
配当単価 1株当たり0.378ドル
0.378ドル×140株=52.92ドル
税金が引かれて37.98ドル

150108VT.jpg

10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株の[VIG] バンガード・米国増配株式ETF 
配当単価 1株当たり0.458ドル
0.458ドル×30株=13.74ドル
税金が引かれて9.88ドル

150108VIG.jpg

米国リートの[RWR] SPDR ダウジョーンズリートETF
配当単価 1株当たり0.957ドル
0.957ドル×13株=12.441ドル
税金が引かれて8.95ドル

国際リートの[RWX] SPDRダウジョーンズ国際リアルエステートETF 
配当単価 1株当たり0.3.32ドル
0.332ドル×75株=24.9ドル
税金が引かれて17.91ドル

そして毎月配当がある[PFF] iシェアーズ 米国優先株
これは通常1株当たり0.19ドル前後の配当の場合が多いのですが、毎年12月に調整するようで、今回は
配当単価 1株当たり0.377ドル
0.377ドル×75株=28.275ドル
税金が引かれて20.32ドル
150108PFF.jpg

5銘柄の合計受取額が95.04ドルでした。

今はドル高だったり、二重課税分の税金還付申告が面倒だったりで、米国株への追加投資はしていませんが、ドル安になってきたら再開する予定です。



私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

今年のNISA



去年のNISAはまだ投資の勉強を始める前だったので、アセットアロケーションなど考えずに、高コストな投資信託を選んでしまいました。

NISAで買ったもの、その1
NISAで買ったもの、その2

今年は自分のアセットアロケーションを考え、さらにはドルコスト投資法も学んだので、戦略は以下の通りです。

150107NISA.jpg

SMT新興国株式インデックス 毎月5万円 積立
SMT新興国REITインデックス 毎月5万円 積立

以上!

ホント戦略というほどではないのですが……。

両方とも、リターンは大きいけれど、リスクも大きい!

5年後、10年後はどうなってるかわかりません。

上がっていたら利益分に税金がかかりませんが、下がっていたら損失分は他と通算できません。
はい、そのあたりは投資の勉強をして、何とか理解できています。

でも、私は新興国の成長にかけるのだ!!!
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

新興国債券って???



アセットアロケーションで、
新興国株式を10%にするのと、
新興国債券を10%にするのでは、
リターンが増えてリスクが減るということで、
先日のブログで以下のように決めたのですが……

日本債券 30%
日本株式 15%
先進国債券 15%
先進国株式 20%
新興国債券 10%
国内外リート 10%

さて、新興国債券はどのファンドにしようかとあれこれ探していたら、重大なことに気づきました

どのファンドもベンチマークと実際のリターンに大きな開きがあるのです!

例えば低コストで人気なeMAXISシリーズの新興国債券インデックスの騰落率

150107新興国債券

設定来のファンドの騰落率は46.17%

ところが、

ベンチマーク(JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド)の騰落率は53.84%

実に-7.67%の開きが出ています。


反対にeMAXIS新興国株式インデックスを見てみると、

150107新興国株式

設定来のファンド騰落率は47.02%

ベンチマーク(MSCIエマージング・マーケット・インデックス)の騰落率は34.57%

その差は+12.45%です。

その差は「なんだろう???」

ということで、アセットアロケーションは再度考え直しました。

日本債券 35%
日本株式 15%
先進国債券 10%
先進国株式 20%
新興国株式+債券 8%
リート 10%
その他 2%

「その他」は先日購入した原油ETFのように、コアサテライト用資金です。


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事
カテゴリ
スポンサードリンク
プロフィール

昭和型投資脱却

Author:昭和型投資脱却
1984年から投資を始めました。
これまでは【個別株】や勧められるままの【投資信託】という【昭和型】の投資でした。
老後がそこに見えてきた今、リスク軽減のために、投資の勉強をして、分散投資・インデックス投資に移行です。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR