FC2ブログ

投資は若いうちから始めるべき!



日本では「投資教育」というのは、ほとんどないようですね。

二十代の子供たちも、「NISA」のなんたるかも、ほとんどわかっていません。

とりあえず証券会社に口座を開設、NISA口座を開くようにアドバイスしたのですが、住民票を取ってくるというのが、面倒くさいようです。

そんな人たちのインセンティブになるのは、楽天証券のNISA口座開設で投資信託を2,000円分プレゼント!ではないでしょうか?

うちの子供たち(二十代)も、このキャンペーンを機に、やっと手続きを開始したようです。

プレゼントしていただける投資信託も

・ニッセイ日経225インデックスファンド

・eMAXIS 新興国株式インデックス

・世界経済インデックスファンド

・<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド

・楽天みらいファンド

と、投資の勉強を始めるに適したものだと思います。

年月を味方につけることができる20代から投資を始めるよう、我が家の子供たちにも強く勧めています。
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

成田のホテル



久しぶりの成田一泊です。

成田では、いちおういろいろなホテルに泊まってみたのですが、このところ、成田ビューホテルに泊まることが多いです。

建物はかなり古いのですが(成田空港開港時に建てられたものは、どれもかなり古いです)、
・温泉がある
・空港への送迎が朝4時台からある
・WIFIがつながりやすい
・コスパがよい
ので、結局ここに落ち着きました。

NaritaViewHotel.jpg

今回のプランは、

・ホテル自慢の朝食バイキング付き
・温泉入り放題

で、一泊5,900円でした。

駐車料金がチェックインから2週間無料だったのが、1日200円になったのはちょっと残念ですが、それでも良心的な料金だと思います。
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

まったり乗換は順調



目標とするポートフォリオへの移行手段として、手数料の高い投資信託の最低口数(金額)を解約して、その分を、手数料の安いインデックス投資信託を購入するという方法を思いつきました。
いいこと思いついた!

「面倒くさいかなぁ…」と思っていたのですが、実際に初めて見ると、毎朝機械的に売買するだけですので、個別株の購入や売却に比べると、ずっと短時間でできます。

このブログを始めてから行った乗換は、一度に50万~100万円単位で売買を行ってきました。

利益が出てても乗り換える!

ロボットはまた今度

タダで乗換2

「タダ」で乗換

今になってみると、何でもう少しまったりと乗り換えなかったのなかぁ…と後悔しています(泣)
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

ロングステイ(ハワイ)の費用



今年のハワイは6週間。

費用は以下の通り

・宿泊費--289,206円
 (ワイキキバニアンという1LDKのコンドミニアム)
・飛行機代(二人分)--176,240円
・海外旅行傷害保険(二人分)--11,320円
 (クレジットカードの保障では心もとない治療費用のみかけていきます)

二人分合計476,766円

一人分の費用は、238,383

4泊6日の旅行もロングステイもあまり費用は変わらないのです!

私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

ハワイの銀行に口座を開く



あまり趣味のない私ですが、「ハワイ大好き」です。

ですので、数年前より1年のうち1か月程度はハワイで過ごすようにしています。

為替レートによって、「物価高」や「物価安」を感じます。

ですから為替が70円台の時に、ハワイの銀行に口座を開きました。

FirstHawaiianBank.jpg

外国人であっても、パスポートを持っていくだけで、簡単に口座を開くことができます。

口座維持手数料も必要ありませんし、オンラインで日本から残高などを確認できます。

わずかながら、利息も付きます。

飛行機代や宿泊代は前もって日本円で支払いますし、何年も通っていると、観光もほとんどしないので、生活費と言っても食費程度です。

ハワイ滞在中の生活費はそこから支払うようにしたので、為替で一喜一憂する必要はなくなりました。

私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

さらなる昭和型の人



今日もまた、私以上に「昭和型投資」をしている知人から電話がかかってきていました。

運転中で電話を取れなかったので、2時間後位に連絡したのですが、

「ラップ口座っていうのを勧められたか、どうしようか相談しようと思って電話したのよ」

「なんかよさそうだから、お願いしといたわ」

「今証券会社の人が帰って行ったとこ!」

あらぁ…一足遅かったわ!

ラップ口座というのは、

吊られた男さんのラップ口座と海外ETFとアットコストという記事でわかるように、

手数料が高いのです。

「手数料が高いから、やめたほうが…」とアドバイスしたのですが、

「1パーセントちょっとの手数料だって言われたわよ」

「投資信託の手数料は全部無料だってことだし」

との返事。

だめだぁ…。投資信託の
・申込手数料 
・信託報酬
の違いもよくわかってないわ。

無料とは、きっと投資信託の「申込手数料」っていうのを言っているんでしょう。

実際には、投資信託の手数料(信託報酬)とラップ口座手数料が上乗せされるのに~。





私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

いいこと思いついた!



移行の理想的タイムスパンがわからない!!で、悩んでいたように、


【個別株】や証券会社から勧められた【投資信託】
  ↓
コストの低いインデックスファンドへの分散投資

への移行方法はどうすればいいか、頭を悩ませていました。

従来の高コスト投資信託を売却

その資金で低コスト投資信託を購入

というプロセスですと、その間に相場が大きく動いたりします。

で、いいことを思いつきました

毎日機械的に、
最低数の高コスト投資信託を売却
 ↓
最低数の低コスト投資信託を購入

こうすることにより、タイムラグなしに買い替えができます。

担当者に電話して売買する方法しかなかったシニア世代の投資家にとっては、

「最低口数を売買する」

という発想は中々浮かんできません。

でも考えてみると、オンラインでしたら自分で操作するのですから、誰にも遠慮することはありません。


私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

ポンコツ投資-その3



初めての投資信託で散々な目にあって、しばらくは、個別株のみの売買をしていたのですが、投資にあまり時間を割けなくなり、今度は、自分で選んだ投資信託に投資してみようと考えました。


しかし投資信託の種類があまりにも多すぎて、どうやって選んだらいいのか、よくわかりません。

ちょうど日経平均が10,000円を切る頃だったので、

「日経平均に連動した投資信託だ!」

と考えました。

しかし、日経平均に連動した投資信託もたくさんあります。

なにしろ目論見書を読む習慣もなかったその当時ですから、違いがよくわかりません(汗)

当時尊敬する人から、

「物を買うとき、どっちにしようか迷ったら、お財布が許す限り高いほうにしたほうがいいよ」

というアドバイスを受けていました。

「安物買いの銭失い」

とか

「安かろう。悪かろう」

を回避するには、適切なアドバイスだと思います。


で、数ある日経平均連動型投資信託の中から選んだものは、あろうことか、

申し込み手数料が一番高い(2.16%!)ものだったのです。

「高いから、優秀な人が運用してくれるんじゃない?」的な発想で!

わざわざ、日経平均連動を選んでおきながら……。

本当にポンコツ投資家です。

もちろん信託報酬という言葉すら知りませんでした(爆)

因みにその投資信託の信託報酬は、0.516%です。

今なら、申し込み手数料なし(ノーロード)
信託報酬0.27%
ニッセイ日経225インデックスファンド
を選びます。

この二つの商品の10年間のトータルリターンを比べてみると、

私が持っているインデックスファンド225-5.24%
ニッセイ日経225インデックスファンド-5.44%%

やはり、両方とも日経平均に連動しているとはいえ、信託報酬の差がトータルリターンに出ています。





私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

無料サービスが素敵な銀行



メインの証券会社はマネックス証券を使っていますが、大手証券では大和証券を使っています。

大和証券で気に入っているのは、ツインアカウントとして使える
ダイワネクスト銀行
の使い勝手の良さです。

・自分名義の口座への振り込みはいつでも無料
・他人名義の口座への振り込みは月3回まで無料
・セブンイレブンでの入出金が無料
・他金融機関の自分名義の口座から資金取り寄せ無料

です。

なんと!これらの無料サービスには、最低預入金額などの条件がありません。

また、金利も
6か月定期が0.17%(2014年10月20日現在)と、
大手金融機関にしては悪くないと思いますし、
大和証券とダイワネクスト銀行の合計預入金額によって、
プレミアムサービスが付き、金利も0.05%~0.15%アップされます。

私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事

移行の理想的タイムスパンがわからない!!



【個別株】や証券会社から勧められた【投資信託】

  ↓
コストの低いインデックスファンドへの分散投資

へ移行している最中ですが、この移行は、どの程度のタイムスパンで行えばいいのでしょうか?


目指すポートフォリオは、
・日本債券 30%
・海外債券 30%
・日本株 15%
・海外株式15%
・リート 10%
です。

タイムスパンだけではなく、移行の方法でも頭を悩ませています。

・毎月分配型から年1(2)回分配型に乗り換えられるものは、乗り換えました。
・タダで乗換

・タダで乗換2

コストが高く、運用成績の悪い投資信託は手放しました。
・ロボットはまた今度

投資内容が複雑でよくわからないものは手放しました。
わけのわからんものは手放す

多少利益が出ていてもコストの高いものは乗り換えました。
・利益が出ても乗り換える

手放してできた余裕資金は、毎日のように10万円~20万円程度で、米国のETFを購入しています。

このブログを始めた9月半ばが移行開始時期とすると、約1か月経過したことになりますが、現在のポートフォリオは以下の通りです。

141020portfolio.jpg


理想のポートフォリオからは、まだまだほど遠いし、このやり方で正しいのかどうかもよくわかりませんが、しばらくはこの方法で続けてみます。
私が参考にしているブログがたくさんあります!(^^)!
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




関連記事
カテゴリ
スポンサードリンク
プロフィール

昭和型投資脱却

Author:昭和型投資脱却
1984年から投資を始めました。
これまでは【個別株】や勧められるままの【投資信託】という【昭和型】の投資でした。
老後がそこに見えてきた今、リスク軽減のために、投資の勉強をして、分散投資・インデックス投資に移行です。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR